×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ランドクルーザー55系にこだわった写真集です。
道端で見かけたポンコツ物件を中心に掲載しています。

投稿写真も随時受付中です。メールにてお願いします。

ここに掲載されている被写体は出来るだけオーナーの許可を受けるようにしておりますが、
テーマの性質上許可無く掲載しているものもあります。
不都合な場合は即刻削除いたしますのでメールまたはBBSにお願いします。。

福井県の主要国道沿い、建設会社の資材置き場で現役時代に共に働いたであろう大型重機と並んで、静かに余生をおくっている55Vです。
テールの形状はこの形式の方が味があってイイですよね。
このゴーゴー、夏には雑草に覆われて道からは見えなくなってしまいますが、冬にはこうやって元気な?姿を見せてくれます。いつまでここに置かれるのか少し心配ですが・・
滋賀県にある某ラーメン屋さんの駐車場に置いてある56Vです。雨ざらしにされてる割にはあまり錆に侵されていないのが印象的でした。ウチのゴーロクよりもかなりお肌は綺麗です・・(^_^;
雪が降る地方の四駆は現役を引退すると、鼻先にスノープラウなる雪かき板をつけられて、駐車場の雪かきにかりだされます。このように第二の人生(車生?)を、夏場はゆっくりと日向ぼっこをして過ごし、冬に備えて力を蓄えているのです。

2003年5月、夜にこの店の前を通ると56の姿はなく、スノープラウだけがそこに置かれてました。店は仕舞ってたのでオーナーの話は聞けませんでした。。何処かに里子に出されたのでしょうか?それとも完全に・・・
この55Vは我が家から約1kmという、すぐ近所の知り合いの自動車修理工場の車置き場にあります。
これも例のごとくスノープラウが取りつけられ、雪が積もると駐車場の除雪車として働きます。
ボディはまあまあの状態?ですが、「フューエルタンクはサビサビで別にタンクを積んでる」とはオーナー談。レストアベースとしては最高の物件ですね。
余談ですが、荷室にはホンダのNコロのエンジンが保管されてました。
この物件は↑の自動車修理工場からさらに1kmほど離れたポンコツ置き場で朽ち果てている最終型のJ-FJ56V-KCQです。
ボディの約半分が土に帰ろうとしています。。
実はこの物件、数年前に部品取り用に譲ってもらった物で、部品をボチボチ取り外しながら、もしもの時に備えています。
投稿者 : ANDOHさん  URL

コメント : 滋賀県甲賀郡の忍者村で見つけました。もちろん雨ざらしでしたが、お水関係のお仕事に就かれていたせいか、サビが少なく、まだ現役で動きそう(んなわけねーか)。さすがに走行距離は少ない。もったいない。余談ですが、この忍者村がまた最高に寂しくて、ひなびてて、わびさびスポットであったことを特記しておきます。(こっそり部品取りできそうですよ(^x^))

管理人 : ANDOHさん、コーナー初の投稿ありがとうございます。
その昔、甲賀の忍術使いはこれを使って水攻めの術に耐える訓練をしていたのです・・って違うか?