×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


TOYOTA Land Cruiser FJ56V


平成4年 夏の大江山スキー場にて


諸元

型式  FJ56V改
初年度登録  昭和52年11月
車台番号  FJ56V-001615
車体寸法
全長(m)  4.675
全幅(m)  1.735
全高(m)  1.865
フロント・オーバーハング(m)  0.725
リア・オーバーハング(m)  1.210
アプローチアングル  33°
デパーチャアングル  20°
ベリーアングル  150°
最低地上高(m)  0.210
床面地上高(m)  0.795
重心高(m)  0.695
最大安定傾斜角 右  42°
最大安定傾斜角 左  43°
トレッド(m)  1.415
 1.400
乗車定員(名)  2または5
車両重量(Kg)  1.930
車両総重量(Kg)  2540

最大積載量(Kg)

 500または300

エンジン

型式  2F
種類  水冷 直列6気筒 4サイクル
 OHV ガソリンエンジン

キャブレーター

 ストロンバーグ/2ステージ
総排気量(g)  4.230
内径×行程(mm)  94.0×101.6
圧縮比  7.8
最高出力(PS/rpm)  140/3.600
最大トルク(Kg・m/rpm)  30/1.800

燃料タンク容量(g

 ガソリン・82
冷却水容量(g)  16.5
潤滑油(g)  8
機関重量(Kg)  290
ファンベルトのたわみ(mm)  7〜10
点火プラグ NGK  B-5ES
DENSO  W14ES
弁すきま(温間)(mm) IN  0.20
EX  0.35
アイドル回転数(rpm)  650

イグニッションタイミング

 7°B.T.D.C
クラッチ・トランスミッション・トランスファ・デフ
クラッチ形式  ダイアフラム式乾式単板クラッチ

[トランスミッション]操作方式

 フロア・シフト
変速比 1速  4.925(シンクロ)
2速  2.634(シンクロ)
3速  1.519(シンクロ)
4速  1.000(シンクロ)
後退  4.925
トランスミッション・オイル容量(g)  3.1

[トランスファ]操作方式

 フロア・シフト
変速比 ハイ・レンジ  1.000
ロー・レンジ  1.959
トランスファ・オイル容量(g)  1.7
デファレンシャル減速比  3.700
デファレンシャル・オイル容量(g)  2.5
ステアリング
ギアボックス形式  ボールナット式
最小回転半径(m)  6.2
ギア比  20.5〜23.5(バリアブル・レシオ)
ブレーキ

 2リーディング
 デュアル2リーディング
駐車ブレーキ  機械式推進軸制動
マスターシリンダー  タンディム
ブースター  バキュームアシスト式
 倍率 2.8
サスペンション

 リジットアクスル式リーフスプリング
リーフ枚数  7
 8
メインリーフ長(mm)  1200
バネ定数  8〜13kg・mm
ダンパー  筒型複動式
ホイール・タイヤ
ホイール  5.5F×15(オフセット±0)
タイヤ  7.00-15-8PR
電装
オルタネーター出力  12V-40A
スターター出力  12V-1.0kw
バッテリー容量  12V-50A
装備その他
今後の課題
A/C装着記