×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

比良・白滝谷

7月31日(火) はれ
牛コバ→白滝谷溯行→夫婦滝→白滝谷コース→牛コバ
まさ ちち
ヘビー級に暑い今夏!! 本格的な沢登りに初挑戦のまさと二人遡る

 

 ここ数日むちゃくちゃに暑い日が続く。「沢に行きた〜い!」 平日に代休が取れたので、まさと二人で比良の入門の渓である白滝谷へ行く事にした。

C・S 3m

9時ちょうどに牛コバを出発し、良く整備された登山道「白滝谷コース」を歩き2つ目の橋から入渓する。

 

布ヶ滝 25m

 しばらく小滝ばかりであまり変化のない渓流を歩くと、左から支流「白石谷」が入り奥に布ヶ滝が見える。少し寄り道をして白石谷を少し遡り、布ヶ滝を見に行く。

 

二条 5m

この後からは5m前後の斜瀑やナメ滝が出てきて渓に活気が出てくる。まさにも簡単に登れる滝も多く、実に楽しそうだ。

 

白滝 8m

 大きな淵のそばで休憩する事にする。よく水の中を覗くと10cmくらいのアマゴが3〜4尾ほど泳いでいる。釣り道具を持ってくればよかったなぁ。渓の奥には白滝が落ちている。
 11時40分 ナメ滝を登り白滝に近づく、広く岩盤を這う白い落水が感動的に美しい。直登は厳しそうだが、ヤワにトップロープでならシャワークライミングでなんとか登れそうだ。左岸を巻き上がる。

 

三段ナメ滝15m を登るまさ

 白滝の上は長く美しいナメ滝が続いている。大人のオイラには軽快な登りも小3のまさには大渓谷なのだろうなぁ。しかしまさの登りにはなかなか感心させられる所がある(親のオイラが言うとただの親バカかもしれないが)教えもしないのにツッパリで岩間をぬけたり、オイラが見てて「オイオイ危ね〜ぞ!!」と思わず言ってしまう所を平気な顔してヒョイヒョイと登ったりジャンプしたり・・・将来が怖い。ってか?

 

二段二条18m

 この辺りがこの渓の核心。15m斜瀑は左を難なく登り、狭い廊下を少し緊張しながら越えて二段二条18mの下に出る。とっつきが少しまさには苦しかったが、そこから先は割と楽に登れた。
 真ん中辺りから上を見上げると滝の最上部に登山者の足が見える。最初はただ単に休憩してるんだろうと思ってたが、登るにつれ見えてくるのは茶色のズボンと白色のズボン・・・その二人分の足が絡まってる???まさか!?そちらから気付いてくれるようにと大声でナンヤカンヤと喋りながら登ったが全く変化無し。滝を登りきるとそこには案の定、岩の上で二人きりの世界に浸りきってるラブラブカップルが・・・オッ○イが半分見えてるヨ〜参ったなぁ。「ちょっと横をすんませんなぁ〜、お熱いでんな〜」と断りながら真横を通り過ぎるが全く気付いていない様子。まさがちらちらと振り返り「あの人らぁ何しとんなるん?」と聞くが「暑いさかい昼寝しとるんちゃうか」としか言い様がなかった。

夫婦滝 25m 今日は夫婦ではなかったけど・・・

 11時40分 ラブラブカップルを過ぎるとすぐに今回の溯行の最終点夫婦滝に着く。しかし様子が変だ。と言うのも二条の滝のはずの夫婦滝が一条しか落ちてないぞ!!これはさっきのカップルにヤキモチ焼いた現れか?夫の滝が覗きに行ってるのか?それとも神のお怒りか??後で落ち口を見に行くと、ひっかかった流木に枯れ葉やごみが詰まり流れが止まっていた。掃除しておく。
 夫婦滝の深く大きい滝壷で二人泳いだり飛び込んだりして遊び、昼飯食べてゆっくりた後12時40分に帰路につき、登山道白滝コースを歩いて牛コバには1時40分に到着。